大手銀行のビジネスローン審査基準

 

新生銀行のビジネスローンは主に3種類です。

 

ここではそれぞれの特徴についてお話していますので、参考程度に見ていただければと思います。

 

 

コーポレートローン

短期・長期・外貨建てローンなど資金調達にニーズに合ったビジネスローンを提供しているビジネスローン。
金利形態も固定・変動キャップ付きと様々な種類が選べ、よりニーズに合わせることが出来ます。

 

 

シンジケートローン

複数の金融機関に対しまとめて融資を行うビジネスローン。
まとまった資金を効率的に調達することが可能なため、新たな金融機関との取引開始も出来るようになり、資金調達の多様化を図ることにも繋がります。
より安定した資金調達をしたい場合にオススメです。
また合理的な資金決済を図り、事務負担の軽減にも。

 

 

ローンアレンジ

希望する条件に見合った貸出業者を紹介しローン成立へと結びつけるビジネスローン。
調達額の極大化、コスト削減へとつなげることが可能です。

 

 

新生銀行のビジネスローンそれぞれの企業形態に合わせて選択可能なビジネスローンを提供しているのが特徴です。

 

効率化やニーズに合わせたサービスは非常に頼もしいです。

 

しかし新生銀行のビジネスローンは、正直なところ審査が厳しく借入れが中々難しい人も多いようです。

 

また融資を受けるまでに時間もかかりますので、繋ぎとして消費者金融によるキャッシングを利用するという手もあります。

 

御存知の方も多いかと思いますが、消費者金融は即日融資を可能としスピーディーに対応できるのが大きな魅力です。

 

銀行に比べ審査が甘い・緩いとする見方をされるかたもいますが、基本的には条件は変わりませんので、その点は勘違いされないように。

 

またビジネスローンであれば総量規制の対象になりませんので、既に個人で借りていても問題ありません。

 

但し高金利ですので長期的な借入れは避けたほうが良いこと、法人名義では利用出来ないケースが多いのでお忘れなく。

 

 

 

そこでオススメしたいのがファクタリングという資金調達法です。

 

企業の売掛債権を早期に資金化することが出来る金融サービスで、法人企業を対象としています。

 

消費者金融並みに素早い対応で即日に資金化することも難しくありません。

 

審査に通りやすい条件というのは特にありませんが、売掛債権と来月の入金が100万円以上あると依頼を受けてもらいやすいです。

 

最高で1億円まで対応していますので大口希望の企業にもオススメです。

 

資金繰りでお困りであれば、まずはファクタリングの詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

続きを読む≫ 2015/04/07 20:14:07

 

オリックス銀行が提供するカードローン「ORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)」は、審査が甘いのか気になる方は多いのではないでしょうか?

 

オリックスクラブカードは最高で500万円までの融資を可能としており、比較的大口にも対応可能です。

 

また年利は6.0%〜17.8%と比較的低金利で借入れが出来ますので、負担なく資金調達が出来ます。

 

ビジネスローンでは珍しく即日振込にも対応しており、事業運転資金だけでなくつなぎ資金として利用するのに最適です。

 

直ぐにでも資金を必要としている企業は多いことからオリックスクラブカードは人気のビジネスローンです。

 

しかし審査に通るのはそれなりに厳しく難しいため、業績が著しい企業、立ち上げたばかりの企業ですと融資を受けるのは不可能です。

 

他に融資を受ける方法としては銀行もしくは商工ローンがあります。

 

銀行はかなりの低金利で融資をしてくれますので資金調達にはもってこいと言えますが、審査が厳しめです。

 

融資を断られたとという経営者も多いです。

 

商工ローンは審査が緩いところが多く比較的通りやすいようですが、高金利で負担が大きいです。

 

また既に銀行から融資を受けている場合貸し剥がしに合う可能性がありますので、長期的に付き合う事を考えるとあまりお勧めできません。

 

 

 

では資金繰りに困った場合どうすれば良いのかと思うかもしれません。

 

そこでオススメなのが、最近では資金調達が潤沢でないとお悩みの企業から支持を集めているのがファクタリングです。

 

ファクタリングは従来の資金調達とは異なり、売掛け債権をファクタリング会社に譲渡し回収するという方法です。

 

支払期日前に債権を資金化することができ、急ぎ資金が必要な場合に最適なサービスで、条件が合えば即日資金調達も可能です。

 

審査方法も銀行や商工ローンなどとは異なり、売掛け債権が毎月安定して発生していること、来月入金が100万円以上あること、個人事業でないこと、この3つの条件を満たしていれば比較的依頼が可能なのです。

 

万が一取引先が倒産して債権回収が不能となった場合でもファクタリング会社によっては保証してくれることもありますので、リスクマネジメントにも繋がります。

 

資金ショートは会社の存続危機に関わりますので、まずは相談されてみてはいかがでしょうか?

 

続きを読む≫ 2015/04/01 22:24:01