新生銀行のビジネスローンは審査は甘いんでしょうか?

新生銀行の事業者ローンは審査が通りやすいの?

 

 

新生銀行のビジネスローンは主に3種類です。

 

ここではそれぞれの特徴についてお話していますので、参考程度に見ていただければと思います。

 

 

コーポレートローン

短期・長期・外貨建てローンなど資金調達にニーズに合ったビジネスローンを提供しているビジネスローン。
金利形態も固定・変動キャップ付きと様々な種類が選べ、よりニーズに合わせることが出来ます。

 

 

シンジケートローン

複数の金融機関に対しまとめて融資を行うビジネスローン。
まとまった資金を効率的に調達することが可能なため、新たな金融機関との取引開始も出来るようになり、資金調達の多様化を図ることにも繋がります。
より安定した資金調達をしたい場合にオススメです。
また合理的な資金決済を図り、事務負担の軽減にも。

 

 

ローンアレンジ

希望する条件に見合った貸出業者を紹介しローン成立へと結びつけるビジネスローン。
調達額の極大化、コスト削減へとつなげることが可能です。

 

 

新生銀行のビジネスローンそれぞれの企業形態に合わせて選択可能なビジネスローンを提供しているのが特徴です。

 

効率化やニーズに合わせたサービスは非常に頼もしいです。

 

しかし新生銀行のビジネスローンは、正直なところ審査が厳しく借入れが中々難しい人も多いようです。

 

また融資を受けるまでに時間もかかりますので、繋ぎとして消費者金融によるキャッシングを利用するという手もあります。

 

御存知の方も多いかと思いますが、消費者金融は即日融資を可能としスピーディーに対応できるのが大きな魅力です。

 

銀行に比べ審査が甘い・緩いとする見方をされるかたもいますが、基本的には条件は変わりませんので、その点は勘違いされないように。

 

またビジネスローンであれば総量規制の対象になりませんので、既に個人で借りていても問題ありません。

 

但し高金利ですので長期的な借入れは避けたほうが良いこと、法人名義では利用出来ないケースが多いのでお忘れなく。

 

 

 

そこでオススメしたいのがファクタリングという資金調達法です。

 

企業の売掛債権を早期に資金化することが出来る金融サービスで、法人企業を対象としています。

 

消費者金融並みに素早い対応で即日に資金化することも難しくありません。

 

審査に通りやすい条件というのは特にありませんが、売掛債権と来月の入金が100万円以上あると依頼を受けてもらいやすいです。

 

最高で1億円まで対応していますので大口希望の企業にもオススメです。

 

資金繰りでお困りであれば、まずはファクタリングの詳細を確認してみてはいかがでしょうか?


 
↓ ↓ ↓ ↓


関連ページ

オリックス銀行のビジネスローンは審査が甘いの?
オリックス銀行が提供しているORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)の事業運転資金融資の審査は厳しいのか緩いのかまとめてみました。