ビジネスローンで運転資金融資を断られてしまったら?

銀行の融資を受けれなくてもファクタリングなら資金調達が可能!

 

 

資金調達をするために銀行や商工ローン等のいわゆるビジネスローンに申し込まれる方は多いことでしょう。

 

しかし、これらの機関から融資を受けるのは簡単ではなく、審査の段階で断られてしまう方が殆どです。

 

資金繰りは会社を運営するにあたって必要不可欠ですから、これが出来ないことには、赤字で倒産してしまう恐れがあります。

 

だからこそ経営者は資金繰りで日々頭を悩ませているのです。

 

資金がショートするのを防ぐためにも早い段階で借入れ出来るようにしなければいけませんが、銀行などから断られた場合どうすれば良いのでしょうか?

 

これらの機関から断られたら借入れは無理と考えている方も多いですが、最近ではファクタリングと呼ばれる方法で資金を調達している企業が多いのをご存知でしょうか?

 

事業運転資金やつなぎ資金として利用されている「ファクタリング」とは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡、売却し迅速的に資金化する方法です。

 

銀行融資のような審査とは異なり、毎月安定した売掛金があり、来月の入金が100万円以上あれば、資金調達も実は難しくありません。

 

しかもスピーディーな対応が特徴でもありますので、即日に調達することも難しくありません。

 

もちろんビジネスとして利用しますので、大口も問題ありません。

 

銀行などのビジネスローンを断れてしまった時には、ファクタリングを利用してみるのも良いかと思います。

 

複数の企業でファクタリングを行なっていますので、まずはチェックしてみるとよいでしょう。


 

 

モビットにもビジネスローンがあれば融資を受けたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、今のところモビットは個人キャッシングしかないようです。

 

もし個人事業主であればモビットで「個人」としてお金を借り、事業運転資金に回わすという裏ワザも可能ですが、基本的にはカードローンは事業資金として使用することは出来ませんのでご注意ください。

 

資金が必要となった時に真っ先に利用を考える先が銀行かと思います。

 

低金利で大口借入れに対応していますので、ビジネスの強い味方といえるでしょう。

 

負担が少ないとは言え、必要以上に借りてしまうと非常に危険です。

 

返済可能な額にとどめておくのが基本です。

 

但し銀行の融資は時間がかかりますので、ある程度余裕を持って申し込み出来るのであれば良いですが、直ぐにでも資金が必要な場合は対応できないことが多いので注意が必要です。

 

また審査は厳しいようですので、実際は断られる企業の方が多く、資金繰りは意外と難しいのです。

 

モビットは消費者金融なので即日お金を借りることもできるのではないかと考えがちですが、ビジネスローンはやっていません。

 

 

 

そこでオススメの金融サービスがファクタリングです。

 

これまでの資金調達方法とは異なり、売掛債権を譲渡し早期に資金化することが出来ます。

 

借入れではないので、信用情報に履歴が残らず、即日対応もしていますので資金化するまでに時間がかかりません。

 

審査通過条件は依頼するファクタリング会社によって異なりますが、売掛債権が安定的に発生していると通りやすいです。

 

担保も必要ありませんので利用しやすいサービスといえるでしょう。

 

モビットでの事業ローンをアテにしていた法人企業としては助け舟といえるのではないでしょうか?

 

ちなみにファクタリングは個人事業主ではなく法人向けの金融サービスですので、その点はご注意下さい。

 

新生銀行のビジネスローンは主に3種類です。

 

ここではそれぞれの特徴についてお話していますので、参考程度に見ていただければと思います。

 

 

コーポレートローン

短期・長期・外貨建てローンなど資金調達にニーズに合ったビジネスローンを提供しているビジネスローン。
金利形態も固定・変動キャップ付きと様々な種類が選べ、よりニーズに合わせることが出来ます。

 

 

シンジケートローン

複数の金融機関に対しまとめて融資を行うビジネスローン。
まとまった資金を効率的に調達することが可能なため、新たな金融機関との取引開始も出来るようになり、資金調達の多様化を図ることにも繋がります。
より安定した資金調達をしたい場合にオススメです。
また合理的な資金決済を図り、事務負担の軽減にも。

 

 

ローンアレンジ

希望する条件に見合った貸出業者を紹介しローン成立へと結びつけるビジネスローン。
調達額の極大化、コスト削減へとつなげることが可能です。

 

 

新生銀行のビジネスローンそれぞれの企業形態に合わせて選択可能なビジネスローンを提供しているのが特徴です。

 

効率化やニーズに合わせたサービスは非常に頼もしいです。

 

しかし新生銀行のビジネスローンは、正直なところ審査が厳しく借入れが中々難しい人も多いようです。

 

また融資を受けるまでに時間もかかりますので、繋ぎとして消費者金融によるキャッシングを利用するという手もあります。

 

御存知の方も多いかと思いますが、消費者金融は即日融資を可能としスピーディーに対応できるのが大きな魅力です。

 

銀行に比べ審査が甘い・緩いとする見方をされるかたもいますが、基本的には条件は変わりませんので、その点は勘違いされないように。

 

またビジネスローンであれば総量規制の対象になりませんので、既に個人で借りていても問題ありません。

 

但し高金利ですので長期的な借入れは避けたほうが良いこと、法人名義では利用出来ないケースが多いのでお忘れなく。

 

 

 

そこでオススメしたいのがファクタリングという資金調達法です。

 

企業の売掛債権を早期に資金化することが出来る金融サービスで、法人企業を対象としています。

 

消費者金融並みに素早い対応で即日に資金化することも難しくありません。

 

審査に通りやすい条件というのは特にありませんが、売掛債権と来月の入金が100万円以上あると依頼を受けてもらいやすいです。

 

最高で1億円まで対応していますので大口希望の企業にもオススメです。

 

資金繰りでお困りであれば、まずはファクタリングの詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

ここでは消費者金融アコムのビジネスローンについてお話します。

 

アコムのビジネスローンでは最高で300万円までの融資を行なっており、金利は年12.0%〜15.0%とカードローン業者ならではの高金利です。

 

ビジネスローンですので総量規制の対象外となり年収3分の1を超える借入れも可能です。

 

即日融資も可能ですので、急な資金調達にも役立ちます。

 

消費者金融は審査が甘い緩いと考えがちですが、実際は銀行の審査と大きく異なることはありません。

 

そのため、アコムの事業者融資でも審査は甘いワケではないのです。

 

債務超過があったり、業績が悪い場合は融資をしてもらえない可能性大です。

 

またアコムのビジネスローンは個人事業主限定ですので、法人は借りることが出来ません。

 

個人名義で借りて資金繰りをするのも良いですが、額もそこまで大きくありませんし、金利も高いですから返済も大変ですので無理して利用する必要はありません。

 

一時的な利用としてキャッシングするのはありですが、長期的な利用には向いていません。

 

 

 

で、あればいま注目されているファクタリングと呼ばれる金融サービスを活用してみるとよいでしょう。

 

売掛債権の支払期日前であってもファクタリング会社に依頼すれば、資金化することが可能ですし、万が一取引先が倒産してしまった場合でも保証してくれますのでリスクヘッジにもなりますのでオススメです。

 

審査方法も銀行や消費者金融とは異なり、ある程度の条件を満たしていれば通りやすいですから、試してみる価値はあります。

 

ファクタリングの一番のメリットとしては、銀行や消費者金融の事業者ローンに断られていても、最短即日で資金を調達することも可能ということです。

 

ファクタリングで資金繰りが順調になれば、銀行でも評価され融資を受けやすくなります。

 

三重銀行では2種類のビジネスローンが主となっています。

 

それぞれの特徴について説明していきたいと思います。

 

みえぎんビジネスセレクトローン

融資限度額は最高で3000万円まで。
金利は1.475%からと低金利で借入可能です。
第三者保証・不動産担保不要です。
融資条件は「税金の未納がないこと」「直近決算期における燃焼が30億円以上であること」

 

みえぎんクイックローン「急速回答 ビジネス」

10万円から最高で300万円まで借入可能。
金利は年7.6%と14.5%の2種類。 
借り換えによる融資も可能な個人事業主限定のビジネスローンです。
担保保証人は不要です。

 

 

三重県に本店を構える銀行ですが、利用は必ずしも三重県在住である必要はありません。

 

ただし審査は決して甘くありませんので無理に申し込まずに、まずはファクタリングで資金繰りを好調にしてから、融資を受けるという手もあります。

 

 

 

ファクタリングは近年日本でも利用する企業が増えている金融サービスです。

 

企業の売掛債権をファクタリング会社が買い取り、代行して債権回収を行います。

 

そして取引企業の支払期日前に資金を提供してくれる仕組みなのです。

 

企業によっては、支払期日前に資金が必要となるケースも多々あります。

 

銀行融資では時間がかかり間に合いませんが、ファクタリングであれば直ぐにでも調達可能ですので、従来の資金繰りよりも迅速的かつ効率的です。

 

売掛債権が発生していれば比較的審査には通りやすいですが、会社によって条件は異なりますので決して甘い・緩いわけではありません。

 

注意点としては、法人企業のみ対象の金融サービスということです。

 

個人事業主はビジネスローンを利用するしかありませんので、ご了承を。資金繰りでお困りであれば、まずは詳細だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

さぎんビジネスローンがんばろう佐賀」は佐賀銀行が提供する金融商品です。

 

ここでは融資額や金利、審査に通りやすいのかどうかなどについてご紹介したいと思います。

 

融資限度額は最高で8000万円までと大口対応可能なビジネスローンです。

 

変動金利年利は1.40%と低く、負担が軽くて済みます。
固定金利で3年以内の場合は1.60%、3年〜5年以内は1.70%、5年〜7年以内は1.80%と借入期間によって異なります。

 

佐賀県内にお住まいの方限定で利用出来、不動産担保や保証は原則不要となります。

 

銀行のビジネスローンは審査基準がだいたい何処も一緒ですので、審査が甘い緩いところを探している方もいるかもしれませんが、厳しさは変わりません。

 

したがって佐賀銀行の事業者ローンは審査は甘くはないといえます。

 

 

 

ですが、今注目を集めているファクタリングは、そもそも審査方法が異なりますので仮に銀行融資を断られたとしても資金調達として依頼できる可能性は十分にあります。

 

ファクタリングは自社が持つ売掛債権をファクタリング会社に手数料を払い譲渡することで、回収を代行してもらい早期に資金化を図る金融サービスです。

 

売掛債権は本来支払期日にならないと回収できませんが、ファクタリングなら最短即日で迅速的に資金化出来ますので、よりニーズに合わせやすいのです。

 

依頼するための条件は会社によって違いますが、売掛債権が毎月安定して発生していることと、来月の入金が100万円以上あること、この2つはほぼ間違いなく必須条件です。

 

利用できるのは法人のみですのでお間違えなく。

 

まずは詳細を確認してみるとよいでしょう。

 

高知銀行が提供する金融商品ビジネスローンについてご紹介します。

 

高知銀行では主に2種類のビジネスローンを用意しています。

 

こうぎん事業融資「高知家の輪」T

融資限度額は最高で5000万円まで。
金利は審査結果に応じて決まりますが、条件によって最大で0.3%引き下げの優遇措置もあります。
担保・保証人は原則不要で借入が可能です。

 

こうぎん事業融資「高知家の輪」U

融資限度額は最高で5000万円担保は審査状況によっては不動産が必要になります。
但し保証人は不要です。
融資期間は最高5年間まで可能ですので、余裕を持った返済ができるでしょう。

 

 

高知銀行のビジネスローンは主に高知県在住の方のみが利用できるようになっています。

 

また審査に通過するための条件も厳しく、資金調達は難しいといえるでしょう。

 

高知銀行以外でも銀行は沢山ありますが、基本的にどこも審査条件は同じですので、審査通過できる可能性が低い場合は無理に申し込まず、審査が甘い商工ローンに申し込むのも一つの手です。

 

商工ローンは審査が緩い代わりに高金利で負担が大きくなります。

 

ですから長期的な借入れというよりかは、つなぎ資金として一時的な利用のほうが良いかと思います。

 

 

 

銀行・商工ローン以外からの資金調達法としては、ファクタリングが挙げられます。

 

企業の売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、支払期日がこなくても資金として回収することが可能な金融サービスです。

 

即日で資金調達を行なうことも十分可能なのです。

 

より資金ニーズに合わせることが可能な上に、信用情報に傷がつかずバランスシート上も負債になりません。

 

売掛債権が発生していることが基本的には条件となっていますが、依頼する会社によって多少異なります。

 

とは言え、銀行のような審査ではないので取りやすい傾向にあります。

 

ファクタリングは個人事業主は依頼できず、法人向けのサービスです。

 

資金繰りでお困りであればファクタリングをチェックしてみると良いでしょう。

 

ここでは広島銀行のビジネスローンについて解説します。

 

資金調達を検討されている企業様は是非とも参考にしていただければと思います。

 

融資額は100万円〜最高で2000万円まで可能で、比較的大口の資金調達にも対応できる頼もしいビジネスローンです。

 

年率は変動金利となります。
不動産担保の新規提供がある場合は、最大で0.5%の金利引き下げの優遇措置が用意されています。

 

保証と担保の有無は審査結果によって変わってきます。
詳細はひろぎん福山市ビジネスローンセンターに問い合わせてみるとよいでしょう。

 

広島銀行のビジネスローンは株式会社等の法人企業が対象となります。

 

また審査条件が色々と用意されており、広島銀行の事業者ローンで借入れできるかどうかの審査自体は、残念ながら難しめ・厳しめといえるようです。

 

商工ローンですと甘い業者が多く借入れは比較的容易ですが、金利が高いので返済に苦しむ可能性がありますのでできれば避けたいところです。

 

審査が緩い業者は何かとリスクも大きく、銀行融資を断られる原因ともなります。

 

 

そこでオススメともいえるのが、いま注目のファクタリングです。

 

ファクタリングは条件を満たしていれば審査に通りやすいですが、リスクヘッジもきちんとされており長期的な資金調達にも最適と、各企業から高評価を得ている金融サービスです。

 

企業の売掛債権を買い取り手数料を支払うことで、取引先の債権の回収を代行し資金を提供してくれるのがファクタリングの仕組みです。

 

これによりより迅速的かつ効率的に資金繰りを図ることが可能になりました。

 

審査条件が銀行とは異なり、新規事業の資金や短期決済資金目的で依頼することも可能です。

 

依頼するための条件はファクタリング会社によって違いますので、まずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

 

熊本県熊本市に本店を構える熊本銀行では2種類のビジネスローンを提供しています。

 

それぞれの融資額や金利、審査に通りやすいいのか等についてお話していきたいと思います。

 

TKC戦略経営者ローン

融資額は100万円〜最高で3000万円まで可能。金利は1.975%〜5.150%と銀行ならではの低金利を実現。
負担を軽減して資金繰り行うことが出来るビジネスローンです。
条件によって最大で年2.00%の金利割引の優遇措置もご用意。原則5営業日以内に審査回答するスピード対応も魅力です。

 

ベストリリーフ

事運転業資金をしっかりサポートするビジネスローン。
100万円〜最高で2000万円まで借入可能。金利はは2.4%〜11.0%と銀行の中でも低金利です。
融資条件は業歴2年以上の法人もしくは個人事業主です。

 

借入れの際に新たな担保は不要ですが、連帯保証人は必要となります。

 

株式会社、個人共に第三者保証人は不要です。

 

くまぎんのビジネスローンはスピード対応がモットーで、急な資金調達にも円滑に対応してくれるのが魅力でもあります。

 

ですが熊本銀行のビジネスローンは審査が厳しく、条件も様々です。

 

また地域限定の金融サービスですので、どの業者でも融資が受けられるわけではありません。

 

審査が甘い・緩い業者はやはり商工ローンが代表的ですが、銀行から貸し剥がしに合う可能性が高いですから、利用するのは避けたほうが良いでしょう。

 

資金調達先は何も銀行だけではありません。

 

特に最近では多くの企業が利用し始めている金融サービスが有りそちらもオススメです。

 

 

 

それはファクタリングです。

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、ファクタリングは企業の売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、債権の
回収を代行してもらいます。

 

そして取引先の支払期日前に資金を調達することができる仕組みです。

 

銀行とは審査方法が異なり、売掛債権が発生しており来月には100万円以上の入金があると依頼できる可能性が高いです。
もちろん会社によって条件は多少異なってきますので、まずは詳細をチェックしてみることをオススメします。

 

オリックス銀行が提供するカードローン「ORIX CLUB CARD(オリックスクラブカード)」は、審査が甘いのか気になる方は多いのではないでしょうか?

 

オリックスクラブカードは最高で500万円までの融資を可能としており、比較的大口にも対応可能です。

 

また年利は6.0%〜17.8%と比較的低金利で借入れが出来ますので、負担なく資金調達が出来ます。

 

ビジネスローンでは珍しく即日振込にも対応しており、事業運転資金だけでなくつなぎ資金として利用するのに最適です。

 

直ぐにでも資金を必要としている企業は多いことからオリックスクラブカードは人気のビジネスローンです。

 

しかし審査に通るのはそれなりに厳しく難しいため、業績が著しい企業、立ち上げたばかりの企業ですと融資を受けるのは不可能です。

 

他に融資を受ける方法としては銀行もしくは商工ローンがあります。

 

銀行はかなりの低金利で融資をしてくれますので資金調達にはもってこいと言えますが、審査が厳しめです。

 

融資を断られたとという経営者も多いです。

 

商工ローンは審査が緩いところが多く比較的通りやすいようですが、高金利で負担が大きいです。

 

また既に銀行から融資を受けている場合貸し剥がしに合う可能性がありますので、長期的に付き合う事を考えるとあまりお勧めできません。

 

 

 

では資金繰りに困った場合どうすれば良いのかと思うかもしれません。

 

そこでオススメなのが、最近では資金調達が潤沢でないとお悩みの企業から支持を集めているのがファクタリングです。

 

ファクタリングは従来の資金調達とは異なり、売掛け債権をファクタリング会社に譲渡し回収するという方法です。

 

支払期日前に債権を資金化することができ、急ぎ資金が必要な場合に最適なサービスで、条件が合えば即日資金調達も可能です。

 

審査方法も銀行や商工ローンなどとは異なり、売掛け債権が毎月安定して発生していること、来月入金が100万円以上あること、個人事業でないこと、この3つの条件を満たしていれば比較的依頼が可能なのです。

 

万が一取引先が倒産して債権回収が不能となった場合でもファクタリング会社によっては保証してくれることもありますので、リスクマネジメントにも繋がります。

 

資金ショートは会社の存続危機に関わりますので、まずは相談されてみてはいかがでしょうか?